HOME » タトゥー除去のHowToコラム

タトゥー除去のHowToコラム

タトゥー除去のHowToコラム

タトゥーやアートメイクを除去したいと考える人のためのコラムを掲載しております。タトゥーやアートメイクを消すにはどうしたらよいか、タトゥーについての国内外の事情も含めてお届けいたします。

アートメイクとタトゥーはどう違うの?

針を使って顔面に色素を注入し、眉や目元をくっきりさせるアートメイクが、ここ数年若い女性の間で人気になっています。アートメイクとタトゥーはどう違うのでしょうか?

アートメイクとタトゥーはどう違うの?

タトゥーアーティストになるのは資格が必要?

医師免許がないのに客にタトゥーを入れたとして、タトゥーアーティストが医師法違反の疑いで摘発されるケースが増加しています。タトゥーを彫るには医師の資格が必要なのでしょうか? タトゥーアーティストの資格について取り上げていきます。

タトゥーアーティストになるのは資格が必要?

タトゥーをする準備とアフターケアー

昔と比べてタトゥーに対するマイナスのイメージがほとんどなくなり、タトゥーを入れることがトレンドになっている今だからこそ、どういうものなのかを知る必要があります。もしこれからタトゥーを入れる場合には、どのような準備が必要で、どういったリスクがあるのでしょうか。

タトゥーをする準備とアフターケアー

タトゥーがあったらどんな施設・場所が利用できなくなるか

日本では「イレズミ・タトゥーお断り」の注意書きが掲げられている施設や場所が少なくありません。タトゥーがあるとどんなことが規制されてしまうのでしょうか。

タトゥーがあったらどんな施設・場所が利用できなくなるか

急成長する観光産業でのタトゥー対応

2020東京五輪を前に訪日外国人観光客が増加する中、観光産業ではタトゥーを持つ人への対応について見直しが少しずつ進められています。ホテルや旅館など観光施設におけるタトゥーへの意識はどのように変わろうとしているのでしょうか。

急成長する観光産業でのタトゥー対応

タトゥーがもたらすリスクとは?

針で皮膚に傷を付け、真皮に色素を付着させるタトゥー。その施術をすることで、さまざまなリスクを負うことになります。タトゥーがもたらすリスクとはどんなものでしょうか。

タトゥーがもたらすリスクとは?

日本におけるタトゥーのイメージと意識

タトゥーやイレズミが体に入った人を見ると嫌な気持ちになる人は少なくありません。また、温泉やフィットネスクラブなどではタトゥーのある人をお断りするケースも見られます。日本ではタトゥーやイレズミに対して、どんな意識が持たれているのでしょうか。

日本におけるタトゥーのイメージと意識

タトゥーを入れる・除去する理由

タトゥーを入れるのにはそれぞれ個人的な思いや理由があるはずです。そのきっかけや除去したい理由などについて、アンケート調査結果をもとに紹介します。

タトゥーを入れる・除去する理由

伝統文化を色濃く残すトライバルタトゥー

タトゥーは民族によってはアイデンティティや社会的意味を持つ重要な文化です。特にポリネシア地域などではその伝統が今も残り、その伝統文化を理解することが日本でも求められています。

伝統文化を色濃く残すトライバルタトゥー

ヘナタトゥーの特徴とトラブル

数週間で消えることから、バリ島やインド旅行の思い出として体験する人が増えているヘナタトゥー。ヘナとはどんなものなのでしょうか。その特徴と歴史、ヘナタトゥーによるトラブル事例を紹介します。

ヘナタトゥーの特徴とトラブル

タトゥーはなぜ消えないのか

一度入れてしまうと消すのが難しいタトゥーや刺青。なぜ皮膚に残り続けるのか、皮膚の構造とともにタトゥーの仕組みについて説明します。

タトゥーはなぜ消えないのか

スポーツ選手とタトゥー

子どもたちのあこがれの存在であるスポーツ選手。タトゥーがあると子どもたちに悪い影響があるのでは? と考える人は少なくありません。国内外のスポーツ界で、タトゥーはどのように扱われているのでしょうか。

スポーツ選手とタトゥー

タトゥーのシンボルと意味

部族の属性やアイデンティティ、ファッションなどさまざまな目的で入れられるタトゥー。そこに描かれる絵柄やシンボルにも意味があります。ジャンルごとのタトゥーのシンボルとその意味について紹介します。

タトゥーのシンボルと意味

レーザー治療の効果を高めるために必要なこと

タトゥーの除去に有効なレーザー治療。日本では1980年にレーザー手術装置が医療機器として製造・販売されるようになり、今ではさまざまな医療機関でレーザー機器が導入されています。しかし、取り扱いについては医師の知識や技術が大きく左右するため、トラブルも少なからず発生しているようです。正しく安全に治療が行われるためには、どんなことが医療機関や患者さんに求められているのでしょうか。

レーザー治療の効果を高めるために必要なこと

レーザー治療の種類

タトゥーやあざ、シミの除去で利用する人が多いレーザー治療。昔であれば皮膚の治療は、切除や植皮など傷痕が残る方法が主流でした。現在は、痛みや身体への負担が少ないレーザーによる治療を行う人が増えています。これではタトゥーの除去方法とともに、レーザー治療の種類について取り上げていきます。

レーザー治療の種類

世界のタトゥーの歴史

タトゥーははるか1万年以上前からあったようですが、ヨーロッパでは一時衰退しました。その後、大航海時代、アメリカ大陸やポリネシアからタトゥー文化が持ち込まれました。ギャングや犯罪者のトレードマークとされた時期もありましたが、現在では若者を中心にファッションの一部としてタトゥーを取り入れる人もいます。

世界のタトゥーの歴史

日本のタトゥーの歴史

江戸時代の鎖国により、国内で独自の発展を遂げた日本のタトゥー。一般にイレズミと呼ばれ、タトウーとは区別されるように、豊富な図柄と全身や四肢一面に施すといった大胆な描き方で、多くの外国人を虜にしたとも言われています。

日本のタトゥーの歴史

タトゥー除去ができるクリニック厳選集
PAGE TOP