HOME » タトゥー除去のHowToコラム » タトゥーはなぜ消えないのか

タトゥーはなぜ消えないのか

一度入れてしまうと消すのが難しいタトゥーや刺青。なぜ皮膚に残り続けるのか、皮膚の構造とともにタトゥーの仕組みについて説明します。

表皮、真皮、皮下組織からなる皮膚

皮膚は、外界の刺激から人体を守る大切な器官です。その表面積は、成年男子で約1.6㎡、成人女子で約1.4㎡もあります。皮膚は、表面から順番に、表皮、真皮、皮下組織(脂肪)という3層に分かれています。さらに、体毛や皮脂腺、汗腺などの付属器がついていて、手足の爪も付属器の一つとなっています。

皮膚の3層うち一番表面に近いのが表皮で、その厚さはわずか0.1~0.4mmです。表面には薄い角質層があり、皮脂腺が分泌する皮膚に覆われています。

表皮と真皮の境には、基底細胞層といわれるものがあります。ここは、常に分裂を繰り返し、この分裂によって作られた新しい細胞(角化細胞)は順次上に押し上げられ、皮膚の表面に近づくと押しつぶされて平たくなります。これが角質(ケラチン)です。角質は皮膚の最外層でシールドの役目を果たし、古くなると剥がれ落ちて、垢になります。角化細胞が生まれて垢になるまでの周期は約28日です。表皮は常に再生されているため、小さい傷や浅いやけど(日焼け)はすぐに治るのです。

表皮には、角化細胞の他に、2種類の特徴的な細胞があります。1つは、メラニン色素をつくる色素細胞(メラノサイト)です。これは皮膚の色やあざの色とも深い関わりを持つものです。もう1つは、ランゲルハンス細胞で、免疫システムと関わるものです。

真皮は結合組織の層で、厚さは約2mm。結合組織とは、諸種の器官の中に分布し、組織を相互に結合して支持し、一定の形態および位置を保つ役割を果す組織です。真皮の結合組織の約9割はコラーゲン(膠原線維)で、その他に弾性線維もあります。真皮には血管、リンパ管、神経が集まるほか、汗腺や皮脂腺もあります。真皮は皮膚の情報コントロールをつかさどり、ライフラインの役割を持っています。

真皮の下にある皮下組織は、ほとんど脂肪細胞でできています。皮膚に加わった外力をやわらげるクッションとしての機能があります。

表皮の下の真皮に色素を沈着

常に再生される表皮のメカニズムを考えると、タトゥーや刺青もすぐに消えるのでは?と思えるかもしれません。しかしなぜタトゥーや刺青が消えないかというと、表皮の下にある真皮に色素を沈着させるからです。真皮は基底細胞層の働きが及ばない場所のため、タトゥーが自然に薄くなったり、消えてしまうことはありません。また、場合によっては、真皮の下の、皮下組織にまで色素が沈着することがあります。

免疫性細胞が染料を含み、真皮にとどまる

ではタトゥーを入れるとき、どのように色素を沈着させているのでしょうか。

まず、染料の入った細い針を皮膚に挿入し、1分間に50回から3000回振動させます。針は表皮に穴を開け、インクを真皮の深い所に染み込ませていきます。針が刺さると傷ができ、「炎症プロセスが始まった!」と身体にシグナルを送ります。そうすると傷ができたところに免疫系細胞が集まり、肌の修復が始まります。免疫系のマクロファージという細胞が侵入物を食べて、炎症状態を抑えてきます。染料を多く含んだ細胞はリンパ系を通って移動して、リンパ節に戻ることもありますが、真皮に残ることもあります。

真皮に残れば色素は排出されないため、その中の染料が皮膚上に見えたままになります。真皮のゼリー状の基質に留まる染料の分子もあれば、線維芽細胞という真皮の細胞に取り込まれるものもあるようです。

もちろん上皮にもインクは染み込みますが、再生機能によって、傷ついた上皮細胞がはがれ、染まっていない新しい細胞に生まれ変わります。

発色をよくするため金属成分をインクに追加

真皮に色素を沈着させるタトゥーのインクはどんな成分でできているのでしょうか。一般的に店舗で使用されるインクは、メタル塩、プラスティック、植物成分、酸化鉄などでできています。

タトゥーの中には、赤や緑、黄色など鮮やかな色をしたものもあります。これは発色をよくするために、インクにそれぞれ金属成分を加えているためです。赤の場合は、水銀、カドミウム鉄。オレンジの場合はカドミウム。黒の場合は、ニッケルや鉄。イエローの場合は亜鉛や鉛。緑の場合はクロム、アルミニウム、銅、鉛。青の場合はコバルト、銅。紫の場合はアルミニウム。白の場合はチタン、バリウム、亜鉛、鉛。ブラウンの場合は鉄。このような成分が入っているものもあるようです。

タトゥーを入れているとMRI検査が受けられないというのは、インクに入ったこれらの金属成分が熱吸収され、やけどを起こす恐れがあるからと言われています。また、レーザー除去でも、白やカラフルな色を使用したタトゥーはレーザー効果の反応が鈍く、除去に時間がかかるようです。

タトゥー除去ができるクリニック厳選集
PAGE TOP