HOME » タトゥー除去のHowToコラム » タトゥーを入れる・除去する理由

タトゥーを入れる・除去する理由

タトゥーを入れるのにはそれぞれ個人的な思いや理由があるはずです。そのきっかけや除去したい理由などについて、アンケート調査結果をもとに紹介します。

「自分を変えたい」がタトゥーを入れる動機の一つ

平成26年6月に関東弁護士会連合会が実施したイレズミに関する意識調査では、実際にタトゥーを入れた人に対しても、調査を行っています。

まず、20代~60代の男女各100名、合計1000名の対象者に対し、「イレズミを現に入れているか、または過去に入れているか」を尋ねたところ、はいと答えたのは1.6%、いいえと答えたのは98.4%でした。

はいと答えたのは16人、そのうち男性は13人、女性は3人です。年代別でみると20代が6人、30代が6人、40代が3人、50代が1人でした。

その人たちに「イレズミを入れようと思ったきっかけは何ですか」を尋ねたところ、自分を変えたい(強く見せたい、生まれ変わりたい等)が56.3%、その場の勢い・思いつきが0%、愛情・帰属意識・忠誠を示すため18.8%、ファッション・メークアートとしてが18.8%、その他が18.8%でした。その場の勢いや思いつきで入れた人がいないことからも、タトゥーを入れることは、自分自身の内面や思いと大きく関わっていることがうかがえます。

手や足にタトゥーを入れる人が多い

「イレズミを入れている体の部位はどこですか」に対しては、手(腕、指を含む)が56.3%、足が43.8%、腹部が0.0%、背部が18.8%、頭部(首を含む)が0%、その他が18.8%という結果でした。手と足が大多数のようです。海外の女性の場合、ファッションとしてタトゥーを入れる場合は、手首や足の甲などに星や花、文字などを小さく入れて、アクセサリーのように見せている人もよく見かけます。ブラジルの有名モデル、ジゼル・ブンチェンは、耳の裏の部分に小さい星のタトゥーを入れています。

「イレズミの模様・柄はなんですか」に対しては、生き物(想像上のものを含む)が68.8%、植物18.8%、幾何学模様12.5%、文字18.3%、その他6.3%でした。外国人の中には、漢字を好んで入れる人も多いですが、日本では文字を入れる人はそれほど多くないようです。ドイツのサッカー選手ボアテングは、胴に「家族 健康 愛 成功 信任」と入れていることで知られています。また、イタリアのサッカー選手アントニオ・カッサーノは、左腕に「安東尼奥」と入れています。これは自らの名前の当て字のようです。

「イレズミを入れるための施術費用は何万円ですか」については、1万円未満が31.3%、1万円以上3万円未満が18.8%、3万円以上5万円未満が18.8%、5万円以上10万円未満が18.8%、10万円以上が12.5%です。10万円以上の方は、広い範囲にわたってタトゥーを入れているものと考えられます。

就職や結婚、子どもの成長などを機にタトゥーを除去

このアンケートでは、イレズミ除去についても調査をしています。

「イレズミ除去をしたこと、または除去したいと思ったことはありますか」については、あると答えた人が56.3%、ないと答えた人が43.8%でした。

「イレズミを除去した理由、または除去したいと思った理由は何ですか」を尋ねると、職業(就職時・就業先)上の理由が66.7%、家族・交際相手等が11.1%、模様またはイレズミそのものが嫌になったが33.3%、日常生活上の不利益・規制と受けた、医学上の理由(MRIが受けられないなど)、その他については0%でした。職業上の理由は3分の2を占めています。

タトゥーの除去手術を行う時、医師や医院が患者にその動機や理由を直接質問することはありません。除去の動機や目的は患者の内心の問題であり、除去手術を行う上では不可欠な情報ではないからです。ですが、実際には患者からその動機を語ることが多いそうです。

動機はさまざまですが、性別により一定の傾向は見られるようです。

男性患者の場合は、就職、その他経済活動上の理由・変化を理由にすることが最も多いそうです。女性患者の場合は、結婚や交際を機に除去する人や、子どもが大きくなって公衆浴場やプール、肌を露出する公共施設に連れていく必要があるなど、生活環境の変化によるものが最も多いようです。

また、未成年が自ら自分の手や指に入れた簡単なタトゥーを、保護者が依頼して除去するケースもあるようです。

タトゥーの除去手術には、診察にあたって入念なカウンセリングが必要になります。その理由は、タトゥー除去手術は、美容整形手術のように手術結果の審美性が求められるものが多いこと、手術方法に選択肢があり、患者の要望・目的に沿った方法を選択する必要があること、大きさ・部位・色等により継続的な通院・診察が必要になること、タトゥー除去手術が保険適用外診療のため、診療報酬などが高額になるためです。タトゥー除去手術は費用や期間の面で難しい場合も多く、診察やカウンセリングの段階で施術を断念する患者も少なくないようです。

タトゥー除去ができるクリニック厳選集
PAGE TOP