HOME » タトゥーを消すために知っておきたい3つのこと » 刺青除去後の入浴時期と方法

刺青除去後の入浴時期と方法

入浴は刺青除去の施術後も、注意さえすれば可能です。

術後の入浴には細心の注意が必要です

刺青除去の施術後に入浴しても大丈夫か、いつから入浴しても良いかということもよく寄せられる質問の一つです。

皮膚の手術を行ったことで、何となく入浴は不安になりますよね。

シャワーであれば、当日からでも可能ですが、必ず医師の許可を得てからにしましょう。基本的に施術後の入浴は、2~3時間後から可能です。

ただし入浴の際には水ぶくれになる可能性も考えられますので、患部を保護しているガーゼを丁寧にはがして、ぬるま湯で優しく洗い流すだけにしましょう。

刺青除去をした箇所には血や軟膏がついていますので、優しく丁寧に流すことも心がけましょう。

ガーゼがはりついて取れない場合は、取れないからと無理に引っ張ったりタオルでゴシゴシとこするようなことは、患部を刺激することになりますので避けてください。

その場合はぬるま湯をガーゼの上からかけて、少しづつ慎重かつ静かにはがしてやると良いでしょう。いつもの調子でボディソープや石鹸などの刺激物を用いるのは避けておくことをお勧めいたします。

特に術後間もなくや日の浅いうちは、患部は優しく取り扱いましょう。

入浴後は患部の水分を優しく拭いてやり、医師から処方された軟膏などを塗ってケアをしましょう。

入浴の時期や方法は医師に相談しながら

刺青の除去後はやけどのような状態となっており、菌が入ってしまうと感染症にかかる恐れもありますので、施術後の入浴については施術をした医師に方法をよく聞いて実行しましょう。

またどのくらいの期間経過すれば普段通りに入浴できるようになるのかは患部の治り具合や手術方法にもよりますので、医師に相談しながらにしましょう。

患部の治り具合に関してはアフターケアを適切に行えているかにも掛かってきますので、医師のいいつけをよく守りましょう。

タトゥー除去ができるクリニック厳選集
PAGE TOP