HOME » どれを選ぶ?4種類のタトゥー除去方法

どれを選ぶ?4種類のタトゥー除去方法

タトゥー除去の方法は大きく4つあります。それぞれの施術の特徴や注意点などを見てみましょう。また、実際のタトゥー除去施術では、一つの方法だけでなく複数の施術法を組み合わせた治療も行われています。

レーザー治療

タトゥー除去施術で一番人気のある方法はレーザー治療です。メスを入れない簡単な施術と思われがちですが、必ずしも万能な方法とも言えないので、その特徴を十分に理解した上で施術を受けることが肝心です。

タトゥーや刺青除去にはQスイッチYAGレーザーが使われることがほとんどですが、このレーザーでは消せるタトゥーの色は、黒や濃い青のみ。

そのため、最近では全色対応できるピコレーザーという機器が人気を高めています。導入しているクリニックも、どんどん増えているため、以前より様々な色のタトゥーをレーザーで除去できるようになってきました。

しかしどのマシンを使ったとしても、1回のレーザー照射でタトゥーを完全に消すことは難しいのが現状です。

切除法

タトゥーを入れている部位を切り取り、周りの皮膚を寄せ集めて縫い合わせる方法を、切除法と言います。

1度の施術でタトゥーを完全に除去できる方法で、レーザーの次に人気がある方法と言って良いでしょう。ただし、関節のある部分や皮膚に余裕のない部分では、切除法は適さないので、注意が必要です。

無理に切除法を行うと、ひきつれや痛み、ケロイド、皮膚のツッパリ感など後遺症に苦しむことになりかねません。医師が切除法でも問題ないと判断した場合のみ、切除法を選択しましょう。

傷痕は線状に残りますが、手術の中では目立たないほうだと思います。

切除皮膚移植法

切除皮膚移植法は植皮法とも言います。タトゥーや刺青のある部分の皮膚をはがし、自分の体の他の部位から健康な皮膚を採取してタトゥーのあった部位に移植する方法です。

もとは火傷の治療で用いられる方法で、命を助けるための施術なので、傷痕の美しさは二の次の方法になります。そのため、他の治療法よりも術後の傷痕が目立つのがデメリット。

しかし、1度の施術で完全にタトゥーを除去できますし、色や大きさ、体の部位などに左右されることがありません。背中一面などの大きなタトゥーを1度で消したいという場合、切除皮膚移植法を行うことがよくあります。

非常に高度な技術や設備が必要なため、切除皮膚移植法を扱っているクリニックは、少なくなっているのが現状です。

剥削法

剥削法はアブレーション法や削皮法とも言われている方法で、タトゥーの入っている皮膚の表面を、専門の道具を使って削り、除去するものです。

剥削法は色や大きさに関係なく1回の施術でタトゥーを消すことができるので、切除法が使えないタトゥーを早く消さなければいけない場合におすすめ。

ただし、皮膚が再生するまでの間は、専用のガーゼでケアをしなければいけません。また、火傷のような比較的目立つ傷ができるので、施術前によく考えてから決めることが大事です。

剥削法は削りすぎると取り返しがつかない施術なので、技術や実績のしっかりした医師のもとで治療を受けましょう。

タトゥー除去ができるクリニック厳選集
PAGE TOP