アートメイク

ここでは、タトゥー・刺青の一種であるアートメイクの除去方法についてご紹介しています。

アートメイクの特徴・消し方

アートメイクとは、顔を洗っても汗をかいても落ちない持続性の高いメイクのことです。表皮の0.02ミリから0.03ミリのところに着色しているため、3~5年ほど持続します。

一般的なタトゥーは表皮の下にある真皮(真皮には代謝サイクルがありません)の部分に色素を入れているので半永久的に残ってしまうのですが、アートメイクは表皮の部分に色素を入れるので、数年たてば代謝されて次第に薄くなっていきます。

なので、自然に薄くなるのを待つのがアートメイクを最も安全に消す方法ではあります。

ですが、もっと早く除去してしまいたい場合はレーザー治療などで対処することも可能です。

アートメイクは主にアイラインやアイブロウとなるので、インクは黒や濃い茶色などがほとんど。

これらの色はレーザーによく反応しますから、医療レーザーを使えばほとんど傷痕を残すことなくアートメイクを除去できるのです。

治療にかかる期間

施術回数については、黒い色素のアートメイクであれば、通常1~2回の施術で除去できるようです。色素が深い部分にまで浸透している場合はもっと回数が必要になることもあります。

注意点としては、アイラインやアイブロウのアートメイクの除去治療を行なうと、まつ毛や眉毛が脱毛してしまうことがある、ということです。デリケートな部分にレーザーを何度も照射するのはリスクも伴いますので、完全に消すというよりは、薄くする程度で完了しておくのが安全です。

実際にアートメイクを除去した方の声

吹き出しの画像

アートメイクを除去してくれるクリニックは少ないみたいで、私のアイラインを治療してくれた先生もはじめてだと言っていました。麻酔をしてもらったので施術中の痛みはそれほどでもなかったのですが、術後は部位が真っ赤に腫れていて痛々しかったです。腫れがおさまったら結構キレイに消えていたのでホッとしました。

吹き出しの画像

アートメイクでアイラインを入れてもらったのですが、思っていたよりも太くて嫌だったので部分的に除去をお願いしました。脱毛でレーザーは慣れているつもりでしたが、目元なのでやっぱり緊張しました。治療後はすごく腫れるので整形手術でも受けたみたいな顔になります。ですが、わざとらしいアイラインが薄くなったのでやって良かったと思います。

吹き出しの画像

レーザー治療でアートメイクを除去しました。最初に、先生から「まつ毛が生えてこなくなるよ」と言われましたが、本当に脱毛してしまいました。でもどうしても消したかったので後悔はしていません。あれから数年たち、ぽつぽつとですがまつ毛も生えてきました。軽い気持ちでアートメイクなんか入れない方がいいですね。

タトゥー除去ができるクリニック厳選集
PAGE TOP